時空戦艦『大和』日本沈没を救え(8)

コスモノベルス

草薙圭一郎

2000年6月30日

コスミック出版

880円(税込)

小説・エッセイ / 新書

2004年、日本列島は地殻変動により沖縄、南西諸島を残しその姿を没した。2013年、科学の粋を結集した時航機『やしま』は、過去に遡り日本の歴史を変えるべく、3人の男が太平洋戦争直前の1941年に飛び立った。3人は山本五十六の信頼を得、新兵器の開発、樺太油田の開発、蒋介石との講和と着々と手を打ち、太平洋戦争の歴史を次々と塗替えていった。連合艦隊は『大和』『武蔵』を中心とした高速超機動部隊を編成、ミッドウェー、ハワイを強襲占領、パナマ運河の破壊、『富岳』による米国本土爆撃と容赦なく攻め立て、1943年遂に日米は休戦に至った。大西洋より帰還の途中『大和』はUボートの攻撃を受け、時航機『天龍』の作動と相まって2015年へタイムスリップしてしまった。その世界で『大和』を待ち受けていたのはドイツ軍のジェット戦闘機の熾烈な攻撃だった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください