ぼんくら同心と徳川の姫

書下ろし長編時代小説

コスミック時代文庫

聖龍人

2018年6月30日

コスミック出版

715円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

北町奉行所の例繰方同心である末広喜十郎は、妻に先立たれ、ひとり娘を育てる冴えない中年男。まわりから『ぼんくら』と侮られつつも、定町廻り同心や腕利きの目明かしが、事件捜査でひそかに頼りにするほど、頭脳明晰な傑物である。そんな喜十郎の本質に気づいたお松は、いつしか心を奪われてしまう。だがお松の正体は、市井に下った徳川吉宗の娘であった。身分違いの恋に悩み、別れを選んだお松であったが、思わぬ再会を果たしてしまい、そのうえ、愛しい喜十郎の横には、もうひとりの娘の姿があった…。我を忘れたお松が、衝動に駆られてとった行動とは?いよいよ物語も大詰めの、大人気シリーズ・第八弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください