決戦!硫黄島

長編戦記シミュレーション・ノベル

コスミック文庫

竹内誠

2007年1月31日

コスミック出版

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

敗色濃厚にもかかわらず本土決戦を怒号する陸軍に対し、海軍は秘策を練っていた。太平洋に浮かぶ硫黄島の要塞化である。米内海相は米軍が本土爆撃の中継基地としてこの島を必ず狙うと踏んでいたのだ。果して、米海軍は第52、54任務部隊と三万に及ぶ海兵隊を送り込んできた。守備隊の総司令官・栗林中将は火山による地熱に苦しみながらも島内地下に縦横にトンネルを掘削、米海兵隊の上陸を待ち受ける。一方、海軍も海底基地に特殊潜航艇などのあらゆる兵器を準備した。2月19日、米軍は上陸作戦を開始した。三日間で占領すると豪語していた米軍だったが、日本軍の秘略の前に戦いは長期化。帝国海軍は戦局を逆転すべく、戦艦大和を旗艦とする奇襲部隊に出撃を命じた!長編戦記シミュレーション・ノベル。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください