うっかり同心蕪十内(ちゃんの弱虫)

書下ろし長編時代小説

コスミック・時代文庫

吉岡道夫

2007年3月31日

コスミック出版

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

版木職人の丑松は、女房に逃げられ、四人の子供を抱えて鬱々と暮らす男やもめ。ある日の仕事帰り、丑松は、源森川に身投げした女を身を挺して助け、八軒町の長屋に連れ帰った。綾乃と名乗った女は町方では見たこともない美貌で、あきらかに武家の新造。しかも綾乃は誰かに追われている様子だった。穏やかで優しい綾乃が長屋で過ごすうち、丑松は次第に叶わぬ幸せを夢見るようになる。だが、そんな矢先、丑松の願いを打ち砕くように凶悪な追手が長屋に現われた…。勤めは有能だが筋金いりの度忘れ癖が玉に瑕。北町奉行所隠密廻り同心「うっかり十内」が、江戸の庶民の哀歓を温かく見つめ、無辜の民を食いものにする悪を裁く、好評書下ろしシリーズ第二弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください