超次元自衛隊

長編戦記シミュレーション・ノベル

コスミック文庫

遙士伸

2010年6月30日

コスミック出版

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

2015年、米中間に勃発した戦術核戦争によって、日本が受けた深刻な放射能汚染。時を同じくして起こった巨大隕石の接近という地球規模の危機に米中戦争はひとまず停戦となったものの、各国の核ミサイル攻撃で粉砕された隕石の破片は地上に降り注ぎ、地球は未曾有の天変地異に見舞われてしまう。そして、この天災は日本近海の上空に大きな亀裂ー過去と現在を結ぶ、次元の門を発生させたのだ。日本政府は、過去を修正することで現代の絶望的な状況を改善すべく、次元の門を通じて陸海空自衛隊を太平洋戦争に介入させることを決意する。1944年に派遣された自衛隊は最新鋭兵器を駆使し、米軍を次々に撃破。歴史改変という神にも近い難行の道へ乗り出した。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください