真之介風流剣

はぐれ隠密始末帖

コスミック・時代文庫

聖龍人

2011年5月31日

コスミック出版

722円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

仙台藩のもと隠密、矢車真之介は、矢場の用心棒や釣り堀の番人をしながら日々を遊び暮らすぐうたら浪人。だが、その鋭い知性と幾多の修羅場をくぐりぬけた柳生心眼流の秘剣で、さまざまな難事件やもめ事を、見事解決に導いていた。そんななか、金で悪党を始末し、庶民の怨みを晴らすという怨助屋なる殺し屋が現れ、江戸市井を騒がせる。やくざの友七や岡っ引きの助蔵が持ち込む難題にかかわるうちに、真之介は一連の騒動の裏に隠された悪辣な奸計を嗅ぎつけた!巻末には、若き日の真之介が、もうひとつの代表作・あの『殿さま』と夢の競演を果たす書下ろし『外伝 殿さまと真之介』も収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください