将軍付御目安番(名君の危機)

書下ろし長編時代小説

コスミック・時代文庫

北川哲史

2014年6月30日

コスミック出版

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

将軍が設置する目安箱を管理し、不正があった際の探索を任される「将軍付御目安番」。十代将軍・徳川家治と自分だけが知る、この機密の職に任命されたお庭番・川村颯二郎に新たな主命が下される!訴状によると、駿河の興津に朝鮮船が漂着したとのこと。だが、なぜ、日本海側ではなく、太平洋側に流されたのか、颯二郎は謎を解明するため駿州に向かった。そこで驚愕の事実が発覚する。難破船は鉄砲百挺を積載し、老中・田沼意次の城下・遠州相良に向かっていたというのだ。なんのために意次が!?そして、鉄砲の製作元が、上杉鷹山が治める米沢であることも判明。名君たちの嫌疑を晴らしたい颯二郎は真相を追うが、陰謀の影に驚きの黒幕が明らかになる!好評シリーズ第二弾!!書下ろし長編時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください