将軍付御目安番(消えたお世継ぎ)

書下ろし長編時代小説

コスミック・時代文庫

北川哲史

2014年10月31日

コスミック出版

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

御庭番・川村颯二郎は、十代将軍・徳川家治と二人だけの秘密を持っている。それは、庶民が意見を投函する目安箱の中身を抜き取る者が現れ、颯二郎が、下手人を見つけ出す役目を命じられていることであった。ある日、颯二郎は家治から、火急の出来事との呼び出しを受ける。将軍の手には、続きの文面だけが記された脅迫状が…。つまり目安箱を勝手に開け、一通目の書状を奪った者が現れたのだ。噂によると、西の丸では若君・徳川家基の姿がしばらく見えないという。家基は誘拐されたのか!?前代未聞の次期将軍失踪事件ー。颯二郎は、一途に目安箱の投函者を追う。だが、捜索の末に浮かび上がってきたのは思いも寄らぬ大物の影であった!!御庭番の厚い忠誠人を描く、好評第三弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください