お裁き将軍天下吟味(幽霊退治)

書下ろし長編時代小説

コスミック・時代文庫

誉田龍一

2016年10月31日

コスミック出版

715円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「北町奉行〜、遠山左衛門尉様、御出座ぁ〜」-今日も奉行自らが裁く公事が開かれようとしていた。ただしここは、奉行所ではなく江戸城の吹上御庭である。これは、将軍が公事を御覧になる「公事上聴」と呼ばれる行事であったが、当代の徳川家慶は殊の外関心を示し、吟味に不満があれば、必ず口出しをして遠山を困らせていた。そしてこの日も例外ではなかった。妖怪が店に押し入ったとの判例であったが、家慶はすぐに看破。見事な種明かしをする。だが、続けて不可解な殺しが起きる。目撃者が下手人は幽霊だというのだ。江戸を震撼させる大店の奇怪な事件…。町で真相を追う家慶と遠山の相棒はその種を明かせるのか!将軍が天の裁きを下す評判作、待望の第二弾!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください