浪人若さま新見左近(人斬り純情剣)

書下ろし長編時代小説

コスミック・時代文庫

佐々木裕一

2016年12月31日

コスミック出版

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

現将軍・徳川綱吉の甥であり、甲府藩を治める有力大名の徳川綱豊は、将軍職には興味をしめさず、一介の浪人・新見左近として市井の側から世をただすという、まこと変わり者の若さまだ。そんなある日、左近は、町場の友人・権八の仕事仲間である坂手文左衛門という浪人と出会う。文左衛門は、いささかくたびれた服装ではあるものの、顔つきに暗さはなく、愛妻とのつつましい暮らしを謳歌する、なんとも魅力的な男であった。よい知己を得たと喜ぶ左近。だがこのおしどり夫婦には、ある藩にまつわる血なまぐさい過去が秘められていた…。のちの名君・徳川家宣の活躍を描く、シリーズ初の長編・十二弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.6

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

10

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください