裏・町奉行闇仕置 鬼面地獄

書下ろし長編時代小説

コスミック・時代文庫

倉阪鬼一郎

2019年6月30日

コスミック出版

715円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

南町奉行・鎮目大和守を兄に持つ藤三郎は、部屋住みの三男坊。勝手気ままな生活をおくっていた藤三郎だが、親友と許婚の非業の死をきっかけに、「表」の法では裁けない悪を人知れず始末する「裏」町奉行となることを決意した。このところ巷を騒がせている、残酷な道場破りと不審な付け火。藤三郎と仲間たちは、その双方に関わる鬼面の賊の正体を探るべく動き出す。だが、その核心に迫る彼らをよそに、敵は藤三郎の兄・南町奉行に狙いを定め、その命を奪るべく暗躍を始めた…。「裏」町奉行・藤三郎が、事件の陰に跳梁する幕閣を相手に闇成敗に挑む!好評シリーズ、第三弾は待望の書下ろし!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください