真夜中あやかし猫茶房

ポルタ文庫

椎名 蓮月 / 冬臣

2019年10月12日

新紀元社

715円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

両親と死別した高校生の村瀬孝志は、生前に父が遺していた言葉に従って、小野進次郎という顔も知らない異母兄に会いに行くことに。鄙びた町で喫茶店を営む彼を訪ねた孝志を出迎えてくれたのは、一匹の白い猫だったー。その後、なんとか進次郎と顔を合わせた孝志は、にわかには信じられない話を聞く。なんと進次郎は“呪い”にかけられたせいで、満月の日以外、昼間は猫になってしまうのだという。日中の進次郎のサポートと、夜だけ営業する猫と触れ合える茶房・みかげ庵の手伝いを条件に、孝志は進次郎との同居生活を始めるが…。人の想いが交錯する、猫と癒やしのあやかし物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.57

読みたい

8

未読

4

読書中

0

既読

15

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ななここ

猫もの

starstarstar 3.0 2020年10月11日

猫好きなので猫が出てくるとつい読んてしまう。 あやかし☓猫なのですが、グイグイ読ませるというよりは、日常生活に不思議が溶け込んでいる感じ。 設定的には大変な毎日なのですが。 ラストは良かったのですが、もう少し途中に盛り上がるところが欲しかったです。 シリーズになりそう?な感じなので、これから面白くなるのかも。 五話の「うちの猫」はすごく良かった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください