誘惑はバニラの香りとともに

マグノリアロマンス

ミランダ・ネヴィル / 岡田未知子

2012年7月31日

オークラ出版

974円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

貴族の令嬢のジャコバンは、両親の死後、男爵である伯父の家で暮らすことになった。そこで彼女はメイドのような扱いを受けたうえに、賭けのかたとしてストリントン伯爵に差し出されそうになる。伯爵の慰み者になるのを恐れた彼女は伯父のもとから逃げ出し、摂政皇太子の厨房に男性の菓子職人として潜りこむ。だが、酔っ払いにからまれたところを当の伯爵に助けられ、彼が想像していたような道楽者ではないと知った。一方、自分が助けた相手が男装した男爵の姪と知らない伯爵は、ジャコバンを菓子職人として雇いたいと考える。それも、男爵に復讐するための道具としてー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください