穢れた血(下)

マグノリアブックス

ジェームズ・ロリンズ / レベッカ・キャントレル

2015年12月31日

オークラ出版

855円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

“最初の天使”を見つけるための旅で、ベリアルのスパイだったレオポルトはクーマエの洞窟で命を落としたと思われていた。だが、彼の体にはレギオンという名の悪魔が乗り移り、レオポルトの意識を支配しながらストリゴイの軍団を作りあげていった。自分の罪を贖うすべを見つけねばならないという彼の気持ちとは裏腹に、レギオンはレオポルトの記憶を探り、預言の三人についての知識を得る。レギオンの使命は、闇の天使が戻るための道を拓くというものだ。それを阻止せんとする勢力の存在を知った彼はー。“血の騎士団”シリーズ最終巻!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

6

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください