ゼニオロジー支配社会

新谷忠彦

2010年9月30日

幻冬舎ルネッサンス

1,870円(税込)

人文・思想・社会

なぜ、世界はカネ儲けにタブーをなくしてしまったのか?半ば公然と行われる公共物破壊、ゆすり、たかり、窃盗、贈収賄、詐欺、インサイダー取引、殺人ー。われわれは、何を失い何を得たのか。冷戦が終わり、イデオロギーを判断基準にした時代から、ゼニが全ての時代に替わった世界の今を根本から問い直し、日本の進むべき指針を示す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください