皓月(2)

皇極・斉明天皇物語第2部

梅前佐紀子

2013年8月31日

幻冬舎ルネッサンス

1,980円(税込)

小説・エッセイ

倭国の朝廷は、完全に蘇我蝦夷・入鹿の親子に牛耳られていた。これに舒明天皇は大后の宝姫王とともに立ち向かおうとしたものの、志半ばで病に倒れてしまった。しかも、その見舞いにやってきた入鹿に、宝姫王はあろうことか辱めを受けてしまう。この復讐のためには蘇我よりも大きな力を持つことが必要だと考えた宝姫王は、逆に入鹿を利用することを思い立った。それもまずは天皇の座を得ることから始めようとー。宝姫王の華麗なる女帝への道が始まった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください