惑いの海

山中健弘

2013年7月17日

幻冬舎ルネッサンス

1,760円(税込)

小説・エッセイ

いつかは海辺に暮らし、モーニング・コーヒーをゆっくり楽しみたい。そんな願望を抱きながら、大手総合商社で働く山科龍一は「失われた十年」と必死に闘っていた。様々なリストラを敢行し一定の成果が出たところで、自らの強い思いもあり早期退職の道を選んだ。そして、夢だった海辺でのセカンドライフをスタートさせてまもなくのことだった。四六時中家に居ることに戸惑っていると思いがけない言葉を妻が漏らした。妻だけは自分のことを理解してくれていると信じていた龍一は、大きな衝撃を受ける。さらに生じる誤解と不信。陥穽から抜け出せない二人を辛うじて繋ぎとめているのは、マレーシアから連れて帰った犬のタローだったー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください