わが心、高原にあり

野里 征彦

2021年7月20日

本の泉社

1,400円(税込)

小説・エッセイ

「ほれ、佳乃も来い。皆で踊んべやー」耕さんが踊りに加わりながら手招きをすると、佳乃さんも来て加わった。「十五夜のー、月は出べし山を見上げで、それ踊りゃれー、吾が連れづれー」「はあー、ダダスコダー、ダダスコダー、ダンダンダダスコ、ダダスコダーダー」四人は輪になって踊った。月の光に照らされた高原は、影踏みができそうなほど明るかった。(「わが心、高原にあり」より)。種山ヶ原に星が降る。ダダスコダー、ダダスコダーと星が降る。心の奥がひらいてゆく。じわりじわりとひらいてゆく。震災後文学の異彩を放つ『わが心、高原にあり』。第23回長塚節文学賞短篇部門大賞『鱒』を併載。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください