教養としての戦後〈平和論〉

山本 昭宏

2016年8月8日

イースト・プレス

1,650円(税込)

人文・思想・社会

「戦争」と「平和」の語り方はどのように「更新」していくことが可能か?保守の「安全保障論」vs革新・リベラルの「9条護憲論」がもたらしたものとはー『核と日本人』(中公新書)が話題となった新進の歴史社会学者による意欲作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください