オカルトの帝国

1970年代の日本を読む

一柳広孝

2006年11月30日

青弓社

2,200円(税込)

人文・思想・社会

隠された知である「オカルト」が白日の下にさらされた1970年代に、私たちはどのような夢を見、熱狂したのか-。科学的合理主義への懐疑から「新しい科学」として登場することで社会に激震を走らせた70年代のオカルトブームを焦点化し、現代に続く「オカルト的なもの」の始源を照らし出す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください