分解の哲学

腐敗と発酵をめぐる思考

藤原辰史

2019年6月25日

青土社

2,640円(税込)

人文・思想・社会

おもちゃに変身するゴミ、土に還るロボット、葬送されるクジラ、目に見えない微生物…。わたしたちが生きる世界は新品と廃棄物、生産と消費、生と死のあわいにある豊かさに満ち溢れている。歴史学、文学、生態学から在野の実践知までを横断する、“食”を思考するための新しい哲学。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.4

読みたい

5

未読

3

読書中

1

既読

3

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください