これっしか文化のすすめ

「掛川学事始」第5集

榛村純一

1989年4月1日

清文社

1,548円(税込)

小説・エッセイ

新幹線掛川駅の観光物産センター「これっしか処」がオープンした。「これっしか処」とは、これっだ!ここにしかない!というものしか売らないという意味である。「これっしか」のうち、小さい「っ」が入っているのがみそで、単に「これしか」では、これしかないとなってしまい、さびしくつまらない。私はここ4、5年、どこに講演に行っても、“これっしか文化”をおこすことを都市づくりの決め手と提唱してきたのである。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください