めぐみ、お母さんがきっと助けてあげる

草思社文庫

横田早紀江

2011年2月28日

草思社

572円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

1977年、新潟でバドミントン部の練習を終えて帰宅途中の13歳の少女横田めぐみさんが忽然と姿を消した。事故か家出か。大規模に捜索も空しく、生死不明のまま20年が過ぎた。97年、両親のもとに驚くべき知らせが届いた。めぐみさんは北朝鮮の工作員に拉致され、ピョンヤンにいるとー。消息が浮上するまでの辛苦の日々を綴り、恐るべき国家犯罪を世に知らしめた慟哭の手記。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください