文庫 犬たちの明治維新

ポチの誕生

草思社文庫

仁科邦男

2017年2月2日

草思社

836円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

幕末の開国は、犬たちにとっても激動の時代の幕開けだった。幕府から米国への贈り物としてペリー艦隊に乗り海を渡った狆。下田や横浜に現れた外国人に棒で殴られても応戦した町犬、村犬たち。明治を迎えると、洋犬が世を席巻。多くの洋犬がポチと名付けられ、町じゅうポチだらけの時代が到来するー。膨大な史料を渉猟し「犬にとっての幕末明治」を描く傑作ノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

3

読書中

16

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください