朝食有害説

「一日二食」で健康に生きる

渡辺正(医学)

1999年11月30日

情報センター出版局

1,760円(税込)

美容・暮らし・健康・料理

「朝食抜きはからだに悪い」と、あなたは思い込んでいませんか?じつはその考え方には、医学的な根拠は何もないのです。数万人の患者を救ってきた自然医学の権威が解き明かす、「朝食摂取は、人間の生理機構に合わない反自然の行為である。健康のためにはむしろ食べるべきではない」-という衡撃の結論。中高年はもちろん、ビジネスマンも、OLも、お年寄りも、子供も、「朝食」を食べないだけで、いまよりずっと健康になれる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください