道具としての英語基礎の基礎

宝島社文庫

副島隆彦

1999年12月9日

宝島社

618円(税込)

語学・学習参考書 / 文庫

この本のテキストは『メアリー・ポピンズ』の楽しい物語。たったの900語で書かれています。辞書を必要とするような単語は使われていません。それなのに、中学、高校の英語教育では、この物語をきちんと読めるようにはならないのです。それは、どうしてなのでしょうか?この本は、本当に役に立つ英語の勉強がしたい人のために作られ、多くの読者を得たロングセラーの待望の文庫版です。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください