殺人事件、9割は知人が犯人だった

ニュースではわからない真・統計白書

宝島社文庫

和田秀樹(心理・教育評論家)

2007年7月31日

宝島社

660円(税込)

文庫

ニュースで騒がれる親子間殺人。我々は奇異な事件として首をかしげてしまうが、そもそも統計データを見てみると、全殺人事件の約半数は親族間によるもの。そして約9割が、知人による犯行なのだ。殺人事件というと、つい通り魔的な殺人を思い浮かべてしまうが、実は怖いのは赤の他人ではなかった…。官公庁が発表する統計データを元に、真実の社会の実態を、和田秀樹があぶり出す。取るべき策は何か?がわかるノンフィクション統計雑学本。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください