チーム・バチスタの栄光(下)

宝島社文庫

海堂尊

2007年11月30日

宝島社

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

東城大学医学部付属病院で発生した連続術中死の原因を探るため、スタッフに聞き取り調査を行なっていた万年講師の田口。行き詰まりかけた調査は、高階病院長の差配でやってきた厚生労働省の変人役人・白鳥により、思わぬ展開をみせる。とんでもない行動で現場をかき回す白鳥だったが、人々の見えなかった一面が次第に明らかになり始め…。医療小説の新たな可能性を切り拓いた傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(34

starstarstar
star
3.94

読みたい

5

未読

36

読書中

0

既読

354

未指定

382

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.3 2021年06月03日

下巻に入り、ロジカル・モンスター白鳥の登場で話は急展開。医療的なトリックやアリバイは正直言ってよくわからないが、白鳥の心理的アプローチが非常に面白い。そして、犯人が見つかってめでたしめでたしではなく、そのあとの事件収拾の段が秀逸。田口先生の機転ですべて丸く収まるのが、ハッピーエンド的で後味がいい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください