戦後“異常”殺人事件史

宝島sugoi文庫

別冊宝島編集部

2008年12月31日

宝島社

618円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

東京を震撼させた秋葉原通り魔事件。車で歩行者に突っ込み、なおかつナイフで刺し殺す。殺人事件はますます異常になりつつある。しかし、それはいま始まったのではない。戦後日本がその異常性を助勢してきたのだ。連続強姦殺人の小平事件、三菱銀行猟銃ろう城事件、パリ人肉嗜食事件、女子高生コンクリ詰め殺人事件、酒鬼薔薇聖斗事件、英国人女性バラバラ殺人事件、そして秋葉原事件まで、戦後の異常殺人を総括する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください