越境する女神

インド・南カルナータカの憑霊儀礼ブータと神女シリの

森尻純夫

2018年6月30日

せりか書房

3,520円(税込)

人文・思想・社会

ヒンドゥ教からは外れた旅する特殊な共同体の人々が、乞われて村落や町内を訪れ、地域主催者の望む精霊、動物神、先祖霊(神)などに憑く憑霊、儀礼芸能「ブータ」の実態を解明する。また「シリ」と名づけられた伝説的、神話的女性の生涯の物語に熱狂する信女たちが「シリ」に憑依することで自らの一生を熱烈に確認する祭礼の驚くべき光景を描き出す。本書は日本で初めての南インド、アラビア海沿岸に伝播する二つの民俗儀礼とその祭礼の深層を探った力作である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください