月見月理解の探偵殺人(4)

GA文庫

明月千里

2010年12月31日

SBクリエイティブ

693円(税込)

ライトノベル

「兄貴は、ほんとは私のことなんか嫌いだよね?」その“探偵殺人ゲーム”に勝てば、全てが叶う…。“探偵殺人ゲーム”のコミュニティ『黒の箱庭』。そこは、勝つと願いが叶う、と言われている一方、参加者に行方不明者が出ているという噂があった…。そんな『黒の箱庭』に初の妹、遙香が興味を見せているという。遙香を心配する初だったが、その『黒の箱庭』の創始者こそが、月見月家に因縁のある“グラウンド・ゼロ”だった。さらに交喙の追う“ドッペルゲンガー”も関わっているという。遙香を追い、ゲームに参加する初、それぞれの思惑が交錯する中、“探偵殺人ゲーム”は幕を開ける。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください