西洋医がすすめる、カラダが瞬時によみがえるサイエンス漢方

SB新書

井齋偉矢

2014年12月17日

SBクリエイティブ

803円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 新書

西洋薬は、敵をピンポイントで攻撃する薬剤だ。高血圧に対して血圧を下げる、病原菌に対して菌の増殖を抑える…など。しかし、人間は色々な原因で、身体の働きが悪くなり、「弱った、足りない、落ちた、衰えた、冷える、疲れた」状況になる。そうした症状を訴えて受診しても、通常「仕事を休み、家で休養して栄養のあるものでも食べなさい」といって追い返されるのが関の山。こんなとき、漢方は「生きる力を引き上げる」「疲れを速効でとる」など漢方にしかできない得意技を発揮する。この領域は、漢方薬の独壇場だ。何かにつけ生きる力が落ちやすい、疲れた現代人に必須の薬剤=漢方のすすめ!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください