本当に魅力的なイラストを描くための構図の作りかた

榎本秋 / 安達真名

2014年2月28日

秀和システム

2,178円(税込)

小説・エッセイ / ホビー・スポーツ・美術

『構図』って…何?ポーズのこと?それともアングル?配置?視点?キャラの関係?物語の背景設定?シチュエーション?それとも全部?プロは絵を描きはじめる前に、じっくりと時間をかけて構想を練っています。それらすべての閃きが頭の中でピッタリと合わさった瞬間に、それが絵として表現されるのです。この本の内容は、クリエーターを目指すたくさんの学生に、経験豊かな講師が教えている内容ですが、絵の描き方はまったく教えていません。絵をただうまく描きたい人はこの本を閉じてしまって、先に絵の技法の本を読むのが良いでしょう。もし、自分の絵に足りない何かを探したい人なら、たくさんの生徒作品の添削を見て、自分の目の前にもある落とし穴が見えてくるでしょう。さぁ、描きたい気持ちを少しおさえて、ちょっとペンを置いて構想してみましょう。本当に魅力的なイラストを描くために。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください