イノベーション・オブ・ライフ

ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ

クレイトン・M.クリステンセン / ジェームズ・アルワース

2012年12月31日

翔泳社

1,980円(税込)

人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理

最高の人生を生き抜くために。“Thinkers50”で第1位を獲得したクリステンセン教授のハーバード・ビジネススクールの最終講義。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(17

starstarstarstar
star
4.08

読みたい

29

未読

10

読書中

9

既読

50

未指定

98

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (4)

平政

(無題)

starstarstar 3.0 2021年08月04日

簡単なことだから、もっとかけるはずなのに なんでこんなカタクかけるんだろう

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

-- 2021年01月23日

二要因理論・動機付け理論・モチベーション理論 (衛生要因と動機付け要因) 衛生要因→少しでもかければ不満につながる要因のこと。 この理論では報酬はこの中に含まれる。 仕事への不満がないの対称は仕事へ満足している ではなく、仕事への不満がないだ。 不満から満足しているまでが連続的に繋がっているという捉え方ではなく、別々の尺度。

全部を表示

ハーヴィー

キャリア、生活に対して真剣に考える

starstarstar
star
3.5 2019年01月28日

キャリアの軸にすべきこと、生活に対して考えること。やや訳がおかしいので、英語学んだ方がいいなと感じた。 動機づけ要因 仕事そのものに内在する条件がもたらすもの 自分自身の内面や仕事内容と大いに関係する やりがい、他者による評価、責任、自己成長 衛生要因 少しでも欠ければ不満につかなかる要因 ステータス、報酬、職の安定、作業条件、企業方針、管理方法 仕事の衛生要因を改善しても仕事を好きになる訳ではない。嫌いでなくなるのが関の山。 仕事に不満があるの反対は仕事に満足しているではなく、仕事に不満がないだ。 動機づけ要因は職業や時間を経ても変わらない。これを絶対的な指針としてキャリアの舵取りをしていけばよい。衛生要因は仕事での幸せを生み出す要因ではなく、幸せがもたらす副産物に過ぎない。 動機づけ要因 この仕事は自分にとって意味があるか 成長する機会を与えてくれるか 評価され、何かを成し遂げる機会を与えて 責任を任されるか これらが本当の意味で動機づける要因だ 人生の目的をしっかり時間をかけて考える 自画像 こうありたいというイメージ 献身 イメージに対して深い献身が必要 評価の尺度 それぞれの仕事を尺度と照合することで一貫した方向に進む

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2018年12月09日

原題は、How will you measure your life?で、イノベーションは全く関係ない。商魂丸出しの酷い邦題であるが、クリステンセン教授が病魔に襲われ、言葉を発する能力も一時は失うなどの様々な苦労をされた上での言葉には重みがある。傑作イノベーションのジレンマを著しただけであれば、このような説得力がなかったと思う。 然しながら、書かれている内容は、新しいことはほとんどない。家族を大切にしろ。自分にとって家族の助けが必要なときに、それが失われていることはよくある。事前に信用の積立が必要などで、7つの習慣やその他の自己啓発本に書かれていることがほとんどだ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください