百花繚乱(巻ノ11)

HJ文庫

すずきあきら

2012年5月31日

ホビージャパン

701円(税込)

ライトノベル

「ついに幕府が腰をあげたのか!?」宗朗たちの前に立ちふさがった巨大な鎧武者の正体は、幕府重臣「徳川四天王」のひとり、本多忠勝だった。そのケタ外れの強さに圧倒される剣姫たち。さらに他の四天王も登場し、十兵衛たちは大ピンチ。いっぽう、一騎当千のバサラ剣姫・前田慶次も柳生道場をめざしていた。痛快美少女剣戟絵巻、さらに華麗に新章スタート。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください