「幸せ」の戦後史

菊地史彦

2013年4月5日

トランスビュー

3,080円(税込)

人文・思想・社会

敗戦から3・11まで、ふり向けばいつも上を向いて歩いてきた。豊かさと信じたものは、果たして何だったか。戦後、人は何を求め、生きてきたのか。家族・自己・労働に焦点を当て、歌、映画、小説から仕事、暮らし、性、さらには宗教、アニメまでを題材に、60余年の社会意識の変遷を追う。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2018年12月09日

日本の戦後の社会意識(と言う新たな概念?)の移り変わりを職場-経営、家族、アメリカを手本とする消費の3つの切り口で解きほぐしてみせる。必ずしも全ての論調に賛成できるものではないが、少なからぬ視点は共感を強く持った。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください