崇高なるソクラテスの死

2011年5月31日

ディスカヴァー・トゥエンティワン

1,320円(税込)

人文・思想・社会

ソクラテスはアテネの町を歩きまわり、行く先々で出会う人に呼びかけます。「自分自身を知れ!富を気にかけるのをやめ、真実を求め、知を愛する者であれ!」でも、アテネ市民はそういうソクラテスを快く思いませんでした。とうとう、裁判で、毒ニンジンの汁を飲んで死ぬという刑を宣告されてしまいます。さて、ソクラテスはどうするのでしょう?逃げ出すのでしょうか?哲学者でも死を恐れるのでしょうか?-。知恵とは、自分が知らないことを、知っていることだ。人生について。幸福について。絵で読む哲学者の教え。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください