円高・デフレが日本を救う

ディスカヴァー携書

小幡 績

2015年1月31日

ディスカヴァー・トゥエンティワン

1,100円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 新書

アベノミクスとは何か?「超金融緩和」による株高、円安、国債市場の混乱であり、景気刺激の先食いによるコストとリスクの先送りだ。この二年で、戦後積み上げてきた日本の国富の三分の一が吹き飛んだ。今後、経済はコストとリスクを支払う局面に入る。危機などどこにもなかった経済は、無謀な政策により、危機に陥る危機となってしまったのだ。しかし、日本経済は絶望的ではない。政策は悪いが、日本経済自体を悲観する必要はない。間違った政策を取り除けば、日本経済は自ずと力強さを少しずつ回復していくのだ。本書では、アベノミクスという経済政策の誤りを論じ、アベノミクスに代わる「他の選択肢」を示す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar 2

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

9

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

(無題)

star 1.0 2020年08月14日

著書内容は疑問。アベノミクスを経済政策的に失敗と述べているが、雇用指数の観点で考えると個人的には十分成功と思っている。円安政策も批判しているが、同意するところもあるが、安定さえしていればどちらでもいいというのが企業サイドの意見では?「真の成長戦略の話をしよう。すなわち人を育てることだ」この一説は本の主題から逸脱しすぎているので驚いた。こういう趣旨を書きたいなら別の本にまとめるべきだと思う。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください