オカンと六ちゃん

宝島社文庫

咲乃月音

2013年6月30日

宝島社

618円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

小学生のころから“オカン”というあだ名だった昌子は、優しくて穏やかな六ちゃんと結婚し、幸せに暮らしていた。しかし、晩婚だったこともあり、昌子と六ちゃんのあいだにはなかなか子供ができないでいた。六ちゃんとの子供が欲しいと強く願う昌子は不妊治療を始めるが、思うように進まない。そんななか、アルバイト先の友人の妊娠が発覚し…。『さくら色オカンの嫁入り』の著者が描く、夫婦の愛の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください