宮本武蔵(6)

宝島社文庫

吉川英治

2013年5月31日

宝島社

1,037円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

一乗寺下り松で吉岡一門との死闘に終止符を打った武蔵は、お通、城太郎を連れ東国に向かう。しかしその途中、お通は嫉妬に狂う又八にかどわかされ、城太郎も行方不明になってしまう。一方、武蔵を追うお杉婆、武者修行を続ける小次郎も次々に江戸に出てくる。舞台は江戸へー。武蔵と、彼を巡る人々の運命が、幕府の中心として立ちあがりつつある乗で、複雑に絡みあう。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください