エアラインの攻防

宝島社新書

鳥海高太朗

2013年12月31日

宝島社

880円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 新書

日本初の本格的LCC(格安航空会社)ピーチはなぜ成功し、エアアジア・ジャパンはなぜ撤退したのか?羽田空港の発着枠をめぐるANAとJALの熾烈なバトルの理由は?アメリカの航空会社が一〇年で半分に減った舞台裏は?世界の航空会社が中東系エアラインをなぜ恐れているのか?今後二〇年間で二.五倍に拡大するといわれている航空需要。そのなかでエアラインはいかにしてライバルを凌駕していくのか?だれもが知っているようで実は知らない航空会社をとりまく最新事情を、テレビやラジオでもおなじみの航空・旅行アナリスト鳥海高太朗がわかりやすく解き明かす。さらに巻末では、筆者の航空関連情報収集術と快適な航空旅行のためのノウハウを公開。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください