月夜に蕩けて

宝島社文庫

睦月影郎

2014年3月31日

宝島社

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

櫛職人である主人公・信吉は、櫛を納めている立花屋の女将・千香から秘密の注文だという張り型の製作を頼まれる。千香によって男女の営みの手ほどきを受け、情交の喜びを知った信吉は、自分のイチモツを模して張り型を作る。張り型はとても評判がよく、続々と注文が舞い込むが、ある日、訪ねてきた依頼主は意外な人物でー。女武芸者や憧れの娘など、様々な女たちとのめくるめく体験を描く、極上時代官能長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください