はぐれ文吾人情事件帖(夜を奔る)

宝島社文庫

小杉健治

2014年4月30日

宝島社

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

真夜中の小塚原。浅草の仕置場と呼ばれる刑場に、文吾は弟分の宗助とともに「あるもの」を運び片づけた、はずだったのだが…。気味が悪いのさえ我慢すれば、一回こっきりで終わるはずの「仕事」が発端となって、江戸の町の人それぞれ、悲喜こもごもの人生が絡まりだす。書き下ろし時代小説の人気作家による、「ちょいワル」文吾の下町人情事件帖シリーズ第2弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください