一本うどん

八丁堀浪人江戸百景

宝島社文庫

倉阪鬼一郎

2014年5月31日

宝島社

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

八丁堀の町奉行所同心・能勢十兵衛は屋敷の中に長屋を建て、市井の者に貸していた。その店子のひとり、浪人・友部勝之介は長屋の凄腕用心棒で、十兵衛の剣の指南役だ。しかし勝之介にはもうひとつの顔がある。「手打ち一本うどん」の達人なのだ。食した人の心と体を温めるうどんを、勝之介は魂を込めて、今日も打つ!時代小説の人気作家による新・人情料理小説、書き下ろしで登場!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.7

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

5

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください