はぐれ文吾人情事件帖(宵待ちの月)

宝島社文庫

小杉健治

2014年12月31日

宝島社

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

危ない仕事をこなすくせに、想い人には本心をうち明けられない文吾。非情のふりをしつつも、つい情に流され事件に巻き込まれてしまう。ある日、長屋の大家が人目を避けるように暮らす浪人を見かけたという。素性を探るために出かけた文吾のまわりに、口入れ屋の大黒屋が雇った殺し屋「闇鳥」の影がつきまとう。「ちょいワル」文吾の下町人情事件帖シリーズ待望の書き下ろし第4弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください