なないろ金平糖

いろりの事件帖

宝島社文庫

伽古屋圭市

2015年5月31日

宝島社

715円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大正時代。日本橋にある金平糖専門店「七ツ堂」の看板娘・いろりには、不思議なチカラがあった。撫子(薄桃)色の金平糖を食べると人の記憶が視え、橙色の金平糖は過去が視えるなど、金平糖の種類によって様々な能力を発揮する。母親の形見をいらないという少女の真意、父親の仇討ちをしたいという同級生、親友の失踪…。チカラを生かし、猫のジロとさまざまな事件に立ち向かう!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

12

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください