血の季節

宝島社文庫

小泉喜美子

2016年8月4日

宝島社

726円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

青山墓地で発生した幼女惨殺事件。その被告人は、独房で奇妙な独白を始めた。事件は40年前の東京にさかのぼる。戦前の公使館で、金髪碧眼の兄妹と交遊した非日常の想い出。戦時下の青年期、浮かび上がる魔性と狂気。そして明らかになる、長い回想と幼女惨殺事件の接点。ミステリーとホラーが巧みに絡み合い、世界は一挙に姿を変える。1982年発表。復刊希望が相次いだ、幻の名作がついに復刊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstar
star
3.23

読みたい

19

未読

25

読書中

13

既読

36

未指定

53

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

文章が美しい

starstarstar 3.0 2020年11月14日

なんとなく読める展開だが、文章が丁寧で美しいところに惹かれる。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください