筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。 鎌倉の花は、秘密を抱く

宝島社文庫

谷春慶

2017年6月6日

宝島社

715円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

毒舌家で変人の書道家、東雲清一郎。筆跡鑑定も行う彼は、書を愛しているのに、書を避けている。しかしー客の目を引く見事な書店ポップ、鎌倉の寺社を巡った御朱印帳、祖父が読みたいと望んだ特別な小説、少年が誰にも見せたくなかったメモー気持ちに嘘はつけても、文字は偽れない。文字に秘められた想いを、清一郎は明らかにしていくが…。古都・鎌倉を舞台に、文字と書、人の想いにまつわる事件を描く大人気ミステリー、第3弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.02

読みたい

20

未読

16

読書中

0

既読

32

未指定

26

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください