万引き家族

是枝裕和

2018年6月30日

宝島社

1,430円(税込)

小説・エッセイ

「犯罪」でしかつながれなかったー。万引き・年金不正受給・虐待…。是枝監督が自ら描く、映画ではかなり尽くせなかった「家族」の在り方。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(26

starstarstar
star
3.69

読みたい

20

未読

34

読書中

2

既読

113

未指定

91

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (4)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2020年05月14日

面白かった2020/04/25 16:11

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.4 2019年04月28日

家族とは一体なんであるかを考えさせられる書である。家族を辞書で調べてみると、「婚姻によって成立した夫婦を中核にしてその近親の血縁者が住居と家計をともにし,人格的結合と感情的融合のもとに生活している小集団」と定義付けられている。本書に登場する家族は、治と信代の夫婦に息子・祥太と娘・りん、祖母の初枝に信代の妹の亜紀である。こう書くと、なんの変哲も無い普通の家族のように見えるが、実はこの6人、血縁関係はおろか、法的にも親族では無いのだ。みんな初枝の家に住み着いた社会のあぶれ者に過ぎないのだ。最も大切なのが家族、家族の絆が一番。これが世間の常識というものであるが、この作品は「あなたの家族はそんなに強い絆で結びついているの?」と問いかけているように思える。

全部を表示

Readeeユーザー

評判ほどでもない

starstar 2.0 2019年04月05日

Haba Masato

(無題)

starstarstarstar 4.0 2018年06月09日

世の中にはこんな家族もいるのかな?と思ってしまいます(>_<) これからしょうたがどのように生きていくのかが心配です。 スリをやめろと言ったお店は潰れて、 出会った時は実はパチンコ屋での強盗だったりするのが 可哀想です。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください