石蹴り遊び

フィクションの楽しみ

フリオ・コルタサル / 土岐恒二

2016年8月31日

水声社

4,400円(税込)

小説・エッセイ

読者を共犯者に、旅の道連れに、仕立てあげることー二通りの読み方をもつ開かれた書物。『ユリシーズ』の実験的技法を用いながら、パリ、そしてブエノスアイレスを舞台に現代人の苦悩を描いた、ラテンアメリカ文学屈指の野心作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください